数学勉強のポイント

塾で伸びる子と伸びない子の差

塾で伸びる子と伸びない子の差

塾で伸びる子と伸びない子の差 うちの子の成績が伸び悩んでいたり志望校があるなどで塾に通わせることがあるでしょうが、せっかく入塾させても成績が伸びなかったり逆に落ちたりしてしまうかもしれないので今回は効率よく成績を伸ばすために、塾と子供の両面から成績を伸ばすためのテクニックや心構えを教えていきたいと思います。
まず第一に授業に問題があるのかもしれません。先生によって形態は全然違うので自分の子にあったものを選びましょう。例えば、問題をどんどん解かせて解説する短期集中型タイプの少し飽きっぽい子供におすすめですが,逆に一つの問題をじっくり解説する長期集中タイプは物事をじっくり考える子におすすめです。
次に子供側にも問題があるかもしれません。もし志望校が決まっていない場合はモチベーションを維持することが大変で、そのような子に成績が伸びたらゲームを買うなどのご褒美作戦は厳禁です。その子の勉強に対する目標や将来の夢などを話して勉強自体のモチベーションを向上させるようにしましょう。

塾の時間割通りに行かれない場合の対応はどうなっているか

塾の時間割通りに行かれない場合の対応はどうなっているか 塾に通うのであれば、あらかじめ時間割が決められていますので、それに従って通うようになります。
週に何時間と決められていたり、何曜日の何時からという風に決められているのであれば、他の習い事などとの調整もしながら通う塾を選ぶようになるでしょう。
塾を決める時には、時間割だけに注目をして決めるのではなく、振り替えが出来るかどうかにも注目をしておかなくてはなりません。
週に何日も行く場合には、日によっては急な用事が入ることもありますし、学校行事の関係で行かれに日も出てくるようになります。
冬場になれば体調も壊しやすくなっても来ますので、もしも休んだ時にはどうなるのかというのを確認しておきましょう。
休んだのであれば代替で他の日に通うことが出来るのであれば、遅れを取ることもありませんし授業料も無駄になることもありません。
代替が出来る塾を選んでおけば、体調が悪くても無理をしてその日に行かなくても何とかなるというメリットがあります。