数学勉強のポイント

数学Bが苦手な人は塾を活用しよう

数学Bが苦手な人は塾を活用しよう

数学Bが苦手な人は塾を活用しよう みなさんは「数学」が得意ですか。中学に比べてその難易度が急激にあがる高校生の頃に数学に挫折した、という方は多いのではないでしょうか。特に数学ⅠやⅡと比べて挫折しやすいのがこれまで聞いたことのない新しい概念が満載の数学Aや数学Bです。一方で「数学B」は平面ベクトルや空間ベクトル、数列、確率分布など受験問題としての出現頻度が例年高いです。そしてこの分野は苦手とする人が多い分ここをものにできるかが受験の際には勝負の分かれ目になるとも言われています。
そのため、数学が受験科目として必要だけど苦手意識がある方は早めに塾に通うようのがおすすめです。多くの学校は教科書にしばられた内容でしか学習できませんが、塾ではそのような縛りは一切ありません。それぞれの生徒が理解しやすい形で学ぶことができるのがその最大の魅力です。自分に合ったレベルの塾に早めに通うことで苦手意識をもつことなく上手にその知識を身に着けてください。

理系の高校生なら塾で数学Bの数列を勉強しましょう

理系の高校生なら塾で数学Bの数列を勉強しましょう 高校生が習う数学Bのなかで、数列が苦手という人は意外と沢山います。図やグラフで示される他の項目とは異なるため、覚えにくいと感じる人も少なくありません。しかし、数学Bは基礎として大学受験をする際に避けては通れないでしょう。文系でも、国立を受験する予定ならセンター試験程度の問題は難なくこなせるようになる必要があります。理系は特に私立と国立に関係なく受験問題に出題します。苦手なら、早めに塾などに通って対策を取ることが大切です。
塾でも比較的力を入れている項目なので、しっかりと勉強することができるでしょう。理系で生物系や農学系の学部や学科では比較的数列の問題が多く出されます。大学のレベルにもよりますが、センター試験など文系の学生も解く問題に比べて難易度が高くなるので注意が必要です。受験の筆記試験に使うなら、問題を解くトレーニングを常日頃からしておくことをオススメします。物理系や工学系の学科では問題数は減りますが、難易度は高めなので対策が必要です。